特定非営利活動法人日本マリネラ協会:マリネラダンス 教室 自由が丘 東京コンクール主催:

当協会はペルー・トルヒーヨのマリネラコンクール主催団体クラブリベルタより正式に認可されて活動しています。 マリネラダンス 教室もあります。

★ご後援、協賛、賛助について★

1、後援、協賛、賛助について

 

日本マリネラ協会では私どもの活動にご協力いただける企業様、個人様を求めております。

また協賛品の提供もお受けしております。

趣旨にご協力いただけます場合はぜひご連絡をお願いたします。

 

 

―――― 趣意書 ―日本とペルーについて―――  

日本は、地震という運命を背負った国です。

実は、太平洋を挟んでお向かいの南米の国、ペルーも同じく地震による辛い歴史を多く体験している国であります。地震の痛ましさ、津波の恐ろしさをよく知っているペルー人は、日本人のよきパートナーでもあります。

ペルーは日本ととても縁の深い国です。約130年前、日本から多くの人がペルーへ移民をしました。そして今は反対に、ペルーから多くの人が日本へ仕事をする為に移民をしています。その数約7万人、ブラジルに次ぎ、移民人口は日本国内上位5番目。日系2世、3世は多く日本国内で生活しています。

 

私たち日本人は、ペルーを、マチュピチュをはじめ「世界遺産の国」の認識以外に、このような事を知る時が来ているように思います。歴史的に大変関わりの強い、ペルーとの友好関係に目を向けていきたいと思います。

今回の企画は、ペルーの国民的ダンス「マリネラ」を日本で紹介するイベントです。日本で行われるのは初めてのことで、ペルー本国でもニュースになっております。

 

ペルー人の、大切な文化の一つであるマリネラを通じて、日本とペルーの絆を深め、共に助け合う機会となると信じております。

2万キロメートル以上も離れたペルーから、東日本大震災の被災者の皆様へ、哀悼とお見舞いの祈り。早期の復興を願い、励ましの声を、潤いを、お届けしたいと思います。

 

どうか、この「マリネラ」の活動の趣意をご理解戴き、ご後援を賜りますことを、切にお願い申し上げます。

 

日本マリネラ協会

代表:ダビ・キンチョ・オリベラ 

:高林麻子

―――――――――――――――――――――

 

 

1、ご協力のお礼といたしまして以下をご提案しております。

・当協会のホームページに総合リンク

・当協会企画イベントのインターネットCMに御社名を掲載できます。

・同じく、ポスター、チラシ、当日配布のパンフレットに掲載できます。

・当日の招待状、招待席をご用意します。

・当日のプレゼンターをお願い致します。

・イベント会場にて御社のご紹介用ブースを準備します。

 

ご後援企業さま

・一口¥50000‐  (イベントのチケット3枚)

・二口¥100000 (イベントのチケット5枚)

三口以上もお受けしております。

 

賛助個人さま

・一口¥30000- (イベントのチケット2枚)

会場内に最前列の招待席をご用意いたします。

| マリネラ | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑